妊娠中や授乳中に、デリケートゾーンの黒ずみや乳首の色がくすんできていることに気づくという人は多いようです。

 

お母さんになっても、女性として綺麗でいたいという気持ちは大事なことだと思います。

 

そこで今回は、妊娠中や授乳中でもイビサクリームを使っていいのかというテーマでお届けします。

 

妊娠中・授乳中に黒ずみやシミが悪化する理由とは?

妊娠中や授乳中に、デリケートゾーンや乳首の色が黒ずんでしまうのは女性ホルモンのバランスが変化しているからです。

 

女性ホルモンの分泌量が増えると、メラニンを生成する細胞も刺激され黒ずみの原因となるメラニンが多く生成されるようになります。

 

メラニンが生成されたとしても、肌のターンオーバーが正常に働いていれば黒ずみにはなりません。

 

ところが、妊娠や授乳で肌のターンオーバーの周期が乱れると色素が沈着しやすくなってしまいます。

 

妊娠や授乳の時期に顔にシミが増えるというのも同じ理由です。顔のシミの場合は、そこに紫外線が当たるのでダメージが起こりシミが定着しやすくなってしまいます。

イビサクリームは妊娠中・授乳中でも使える?

イビサクリームは、黒ずみやシミに効果があり顔もボディもまとめてケアが出来るアイテムです。

 

ところが、妊娠中や授乳中の人は「専門医にご相談の上、使用を検討してください」と公式サイトには書いてあるんです。

 

ということは、使用をあまりオススメしてはいないと私は解釈しました。

 

イビサクリームの成分は無添加で安全性には問題がない成分ばかりです。

 

しかし、妊娠中や授乳中は体がデリケートな状態であることと、赤ちゃんに万が一のことがあったら大変なので出産と授乳が終わった後に使用した方がいいかもしれませんね。

 

出産後というのは、ホルモンバランスもまた変わってくるので「黒ずみが治ってくる」という声もあったのでしばらく様子を見てみて黒ずみが気になる場合は、イビサクリームを使ってみるといいでしょう。

 

まとめ

妊娠や授乳の時期に、デリケートゾーンや乳首の色が黒ずんでくるというのは女性ホルモンの影響だということが分かりました。

 

この時期にイビサクリームを使っていいのかというと「妊娠中や授乳中は専門医にご相談の上、使用を検討してください」と書いてあるので、赤ちゃんを産んだ後に卒乳が済んでからイビサクリームを使用した方が安心ではないかなと考えます。

 

理由としては、女性の体がデリケートな時期であることと赤ちゃんへの影響を考えたからです。出産後に色が戻るという人もいるので、しばらく様子を見てみて黒ずみが気になる場合は使ってみることをオススメします。